1・2・3・4・5・6・7DAYS A WEEK

お笑いと怠惰な日々。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.07.28

六月の空に花束を贈るリリーの夜明けには



ANATAKIKOUの「Gradation'12」と特典のポストカード♪
期待を裏切らんスバラギ(素晴らしすぎ)なアルバムですよ!
スペシャルサンクスに草野マサムネ氏とコレクターズの名前があるのにドッキリ。
コレさんとは去年の12月に名古屋でツーマンライブやってるんですよね。
松浦さんが日記に書いてるの。
「UFO CLUV」に思い入れがあるそうな。
あら、名曲「世界を止めて」が入ってるアルバムですね。

アルバム感想☆
妄想家っぷりを発揮して、勝手に詳しいストーリーを考えたりしています(笑)
いや、それくらいイメージを刺激するアルバムだから!

【リリー】
アルバム発売前に聴きすぎました(笑)
サイトでPV繰り返し繰り返し見てましたので。
名曲と押されるだけあって、何度聴いても色あせない良さ。
そうそう、この曲はアルバムイチオシの曲なんです!
オカマさんな曲なんですが、笑いじゃなくて切ない。
でも最後の歌詞は笑ってしまう。

【五つの夜まで】
可愛い曲だなぁー。ほっこりします。
北條さんの歌詞の滲み出る生活感大好き。
味があるってかしみじみする。
「広いオデコ撫でてあげる 手入れ雑な膝枕で
 あなたの上着は温いの アタシの冷え性も眠るの」
手入れ雑な膝枕って想像できるもんね。
ああ普通の女の人なんだって。
北條さんの描く女の人大好きだな。
可愛い、いじらしい。
…でも北條さんいわくあんまり頭は良くない感じらしいですが(笑)

【モネラ氏の庭園】
夢見てるよな、どっかにありそな不思議世界。
松浦さんの…スキャット?って言うんかな?が凄く心地良い。
気付いたら口ずさんでます。オーケイ?
私こういうリズムに弱いですわ。
「午後5時の追随画」もそうやけど、歩くみたいなリズム。
今のところ、このアルバムで一番繰り返して聴いてる曲です。
「さあ 媚薬をつけて 飛び回る愛しバタフライ
 思いのままに 新しい世界を創れば」

【アーチ、越えて】
どの曲も思うけれど、曲が歌詞とぴったり合ってるんですよね。
だから場景がありありと浮かぶんです。
すごい、なんやろこの懐かしさ。
久しぶりに小さい頃口ずさんでた童謡を聴いた感じに似てる。

【黄色い道】
北條さんの曲は、きっと田園風景とかがまだ残ってる場所が舞台だと思う。
この田舎の青春ぽさ!ニヤリとしてしまう。
手を繋ぐだけでどきどきしてたあの頃、みたいな。
若いねーいいねーみたいな気持ちになるんですが…や、まだ19歳やのにねぇ(笑)
束の間に誓う永遠なんだけど、それは思い出になって永遠に残る。
そっか、今現在じゃなくて、若い頃の思い出を思い出してる歌なんやね(というマイ解釈)

【うろこのない魚】
このアルバムの中で一番セクシャルな匂いするなぁ。
一晩明けて目を覚ました時みたいな、けだるい朝のイメージ。
それで薄っすら昨日の夜のこと思い出してるの。
歌詞は読解できませんが、なんだかそんな感じ。
松浦さんの描写ってめっちゃ艶っぽい。
「君の後ろ髪 ぬれるまで見届けてあげる」
「君の指先が 背けばひろがる夜が」
ここらへんドキドキしちゃいますよ。ね。
松浦さんの声が色っぽいから余計に。 

【カリントボンボン】
アル中で暴力振るうっていう歌詞…ですよね?(笑)
コーラスが「♪寝首っかく」って繰り返し言ってて恐い(笑)
この斬新なコーラス!
しかしどういう意味なんだろ…寝てるうちに殺ったれってこと!?
なかなかポップな曲なのにこの歌詞。
逆に寒気がー。
「ひょっとしてまた同じ やっぱりねその眼つきも
 歪にまた揺れる ひっきりなしの嗚咽」

【甘い種の不思議】
曲も歌詞もANATAKIKOU名義の曲。
松浦さんが歌ってるとこは松浦さん作で、北條さんが歌ってるとこは北條さん作なのかな?
メロディーも歌詞もそれっぽいなと。
松浦さん北條さんがそれぞれ同時に別々のメロディーで違う歌詞歌うとこがあるんですが、そこがとても良い!
集中して聞くとこ変えたら二度美味しい(笑)
最後「水たまり」だけメロディーが一致するのも痺れる!

【またたく合図】
「詩」っぽい歌詞だと思います。
松浦さん自身どうやら気に入ってる曲のよう。
星がまたたきとまばたきがだぶってイメージされる…これ狙ってやられてたら凄いとしか言いようないです。
でも松浦さんなら狙ってやってそうだ。
技巧派っぽいから(笑)

【キューティーフォン】
あー北條さんーって感じ。
これが私的に一番描かれてるシチュエーションがわからん曲。
歌詞が少ないのもあるんでしょうけど。
雑誌のインタビューでどういう曲だったのか知りましたが、予想と全く違って「…そうやったんや…」と。
なんだかハードボイルドな感じです。
一人で車乗って夜中の高速道路駆け抜けるような。

【午後5時の追随画】
思い出そうとするけど思い出せないもどかしさ。
でも微かに覚えてる、そういう場面。
曲と歌詞がもうばっちり場景を表しちゃってるので、想像するスキマがないというか…ものすごい完成度やと思います。

【それは秘密】
これだけ新曲です。
他はインディーズ時代に発表されてた曲なので。
…なんて綺麗なメロディーとコーラス!!
綺麗過ぎて外から眺めるだけで精一杯。
ぼんやり夢見るみたいに聴いて、気付いたら曲が終わっています。
曲とコーラスと松浦さんの声の魅力に圧倒されてる…。

確か松浦さんの曲ばっかりやったと思うんですが、歌ってるのと歌詞カードの歌詞が違うのが結構ありました。
誤植なんか故意なんかわからん(笑)
ちなみに私の特に好きな曲は。
「リリー」
「五つの夜まで」
「モネラ氏の庭園」
「カリントボンボン」
「午後5時の追随画」
何度も聴いてると変わってくるかもです。
モネラ氏強いです。既に聴いた回数50超えてると思います(笑)

1stは最初特に好きだったのは
「WOMAN RECORD」
「ヌルイ雨」
「いけないところで」
「モーターガール」
「幻想港町」
みたいですね。
過去の日記によると。
今はどうだろう…(暫く考える)…変わってへんわ(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。