FC2ブログ

1・2・3・4・5・6・7DAYS A WEEK

お笑いと怠惰な日々。

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.06.06

紋切り型のなにかから脱する

S先生の授業。フロイト。
これは出来るなら私が発表したかった!
発表者は毎回先生が当ててく感じなので諦めましたけど。

ラカンやっぱ好っきやなー。
フロイト→ラカン(フロイトの弟子)の流れ好き好き。
色々調べてたら、ラカンの著書は難解なので有名みたいですね。
もちろん私に読めるわけがないので、解説書見て好きって言ってます(笑)
フロイトは割と読みやすかったです。
普通に面白い。

人を好きになる時、対象が「あの人」であることに、実は何の理由もない。
あの人=「対象」がフェティッシュ(呪物)だから。
何か特別なような気がしてしまうものがそれなのだとか。
他の例で言えば貨幣やら。

W先生の授業は『反=日本語論』続き。
憑き物が落ちた感じ。
ロラン・バルトのファシズムの定義。
言論統制より、人に言葉を無理矢理言わせること。(それも最も紋切り型の)
沈黙の権利を奪うという暴力。
筒井康隆のショートショート「幸福ですか?」を思い出しました。

本当の知る、は何が何だかわからなくなるってこと。
外国に行って、名所だけを見て納得して帰ってくるような行為は、国際化ではなくむしろ鎖国だ。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

TRACKBACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。